おたくで幸福を科学できるのか。

信仰とおたくを心のままに綴り最終的にシンクロします

2019年もありがとうございました。2020年もよろしくおねがいします。

ご無沙汰しております…もう年末…うう…。

2019年は、いろいろなことがありました。毎年いろいろなことがありますが、その中でも特に「いろいろ」の種類も多ければ高低差も激しかったため、一年の密度がたいへん濃かったです。

そんな一年の中で、人生で出会い、かかわってくれるすべての人たちに、深い感謝も感じました。

今はうまく言葉にできないのでさらっとしたものになってしまいますが、大人になってから出会い、関係を築いていける人たちのありがたさをしみじみと感じます。

2020年もがんばっていきましょう!!!!!

 

ということでクリスマスのおえかきもできず、新年のおえかきも今のところなにもできていません…。インスタグラム、もう呼吸をしていない…。

発刊から時間が経ってしまいましたが、『生霊論』の感想を書いたり、鋼鉄の法ですねっていうエントリを書いたりしたいところなのですが(下書きはある)…師走なのです…師走なのでなかなかそんな腰の入ったエントリを書く時間が取れず…。

師走にかぎらず、2019年はブログを書く時間が取れなかったので、2020年は書籍の感想とか、もっとノーマルな日常とか、普通にグラブルの話とか(笑)をできたらいいなぁと思います。

 

鋼鉄の法と言えば

先日東京正心館で研修を受けてきました。今までこのブログでは(私の悟性の問題もあり)あまりそういうことを書いてこなかったんですが、書籍をより深く味わうこともできたので、書籍の感想も書きたいなー!と思っています。

「法シリーズ」はとても大切な一年の指針となる一冊です。2019年は『青銅の法』で、「青銅の扉」の中と外について考えたり、自分が一年過ごしていく中でも、いろいろと書籍に照らして考えるところがありました。

今年は「鋼鉄の法」で、タイトルだけ見るとどういった内容なのか、「青銅の法」の時と同じかそれ以上に想像しづらいのですが、読み終わると「なるほど、鋼鉄」と感じる一冊で、改めて、この一冊を胸に2020年の自分を鍛えていきたいなと思いました。

毎年法シリーズが出るたびに「今年のは今までで一番好き!」と言ってしまいがちなのですが、今年はいつもよりも強めのトーンで「今までで一番好き!」です。

さらりと言うことができるものではないので、別エントリでじっくりと書きたいと思います!

 

グラブルといえば

今年もグラブルフェスに遊びに行ったりしました。そしてやっと統べスキンとオルターエゴをゲットしましたよー!!!!

f:id:mochigomefs:20191229015746j:plain
f:id:mochigomefs:20191229015743j:plain

うれしい!!かわいい!!かっこいい!!

統べスキンのグランくんもジータちゃんもちょっと大人ぽいし強者ぽいしすごく好きなのでニヤニヤしてしまいます。ジータちゃん女首領ぽくていいですよね。スキン獲得クエストもすごくよかったです。十天衆好きにはたまらない!

賢者もアストラで2名ストップがかかっています。軽率にアストラ10個ずつ頻繁に配布してくれてもいいのになって思っています。

2019年は自分比ではあんまりグラブれていなかったんですが、やっと少しずつ今できるものを取得していけているので、ほんのりと達成感のある一年でした。空の旅は果てしないのでまだまだ力は弱く…がんばります。EX2とかあんまり取っていないので、そこらへんもちゃんと取得していきたいです。

来年の目標は極み…と言いたいところですがヒヒをどうクリアするか…。いままでナタクHLやアポロンHLさえもソロチャレンジをしたことはないので、来年はHLマルチのソロチャレもやってみよう。

そして十天といえば6周年イベが十天衆で…!!!!!!!!!もう…!!!感謝してもしきれない…。しかもシスが主人公っぽいエピソード……。

シスもシエテも最終解放済みで100エピソードも見ているので、予告編の二人の会話にじわっとくるものがありました。シエテは十天全員にとって比較的特別な存在でもありますが、シス、カトルくん、エッセルは特にいろんなものを感じるので、出会いを幸せだと思ってもらいたいなーと思います。


【グランブルーファンタジー】六周年記念シナリオイベント 予告篇

十天衆の新規絵がいっぱいあるのも個人的に嬉しいところです。絶対グッズ出る!たのむ!

動画に仏教用語がちりばめられているのも楽しみポイントです。この予告を見て、改めて、グラブルの世界の美しさを肯定する傾向の強いところが好きだなーと思いました。

勧善懲悪が強いストーリーや、善意に溢れた人が多いのもそうですが、奇跡や希望を信じる人が多いというのも特に好きな理由の一つです。

性善説が強いとご都合主義に見えるところも説得イージーモードに見えるところも出てきますが、人の善性や世界の美しさを肯定するからこそ希望が見えてくるはずなので、そういうものを美しく描いてくれているところがずっと好きでいられる理由でもあるんだと思います。

グラブルも長いことしっかり遊んでいますが、嫌いな子というのもいなくて(某島の住人くらい)、みんなかっこよくてかわいくって愛しい子たちです。これからも一緒に空を旅していこう。

グラブルの話が思った以上にながくなってしまった!さいきんグラブルのイベのお話とかしてなかったから…。

除夜の終わりに響く鐘

グラブルついでに最後にこれだけ軽く…(笑)

今年の年末イベントは年末らしく、一年のさび落とし系で割と心があらわれました。ジョイ君がとてもかわいい…。ブルブルブルブル(お気に入りジョイ君)。ジョイ君の純粋さに胸をうたれると同時に、クビラの導き力の高さにもハッとしました。

ジョイ君は子供のように純真で純粋で、勇気をもったつよい子ですが、彼と一番向き合っているクビラが投げかける言葉も、人に対してこういう思いやりを持てる自分でありたいなと思えるものでした。

クビラができるだけ優しい形でジョイ君に物事が伝わればよいと思っていることが、見ているこちらにも伝わってきますし、その思いやりやあたたかさがジョイ君に届いているから、ジョイ君もいい子に育ったんだろうなと思う。

また、鏡のように透明な心で煩悩を跳ね返すというのは理にかなっていますし、煩悩にまみれたひとたちがわりと六大煩悩(貪・瞋・癡・慢・疑・悪見) すべてに割り振られていたところも芸が細かいなと思いました。

ジョイ君、主人公だった…。ジョイ君のように、頑張った自分を認めつつも、みんなのおかげで頑張れているって感謝の気持ちを持てる人でありたいなと思った年末でした!

いいイベントだった!ジョイ君かわいかった。

 

それでは、素敵な年末と年明けを…✨