おたくで幸福を科学できるのか。

信仰とおたくを心のままに綴り最終的にシンクロします

[児童書]『項羽と劉邦 ヒーローズ・バトル』

f:id:mochigomefs:20191026151453p:plain

こちらも告知が遅くなってしまいましたが…!HS初の児童書、『項羽と劉邦 ヒーローズ・バトル』でイラストを担当させていただいております。イラストは本書に登場する虞美人。

項羽と劉邦 ヒーローズ・バトル

項羽と劉邦 ヒーローズ・バトル

 

 「項羽と劉邦」といえば、横山光輝先生の漫画や、司馬遼太郎先生の小説が有名ですし、映画にもなっています。青年向けの漫画なんかも日本では見られますが、なかなか小中学生向けの児童書になるとないようです。

そういった意味ではなかなかにレアな児童書になっています。

項羽と劉邦から生まれた故事成語もとても多いですし、中学生くらいでさまざまな故事成語を習った記憶があるので、児童書というかたちはぴったりなのではないかと思います。

もちろん巻頭・巻末のふろくで地図や故事成語の解説なども載っています!

 

私自身、このイラストを担当するまでは項羽と劉邦の知識がまるでなく、そもそも中国史は「みんな名前が似ている」という理由から苦手でした。

こちらの書籍は児童書であり、小学校高学年からを対象にしていますが、キャラクターの個性も面白く、物語の内容もすいすいと入ってきて、とても読みやすかったし、何よりも小説としてすーっごく面白かったです。

自分がイラストを描いているからとかではなく、なんなら私のイラストなんて見なくてもいいですって言っちゃえるくらい面白かったんです…!

項羽と劉邦は英雄も多く、その全員が目立って登場するわけではないようですが、物語としてのドラマの全貌はさらえる内容になっているとのことですので、これを機に今まで触れてこなかった方には触れていただきたいですし、好きな方にもぜひ楽しんでいただきたいです。

 

また、本書は史記にもとづきながら、「項羽の霊言」や「劉邦の霊言」などの情報もふまえたストーリーになっているところが幸福の科学出版ならではの個性であり特徴だと思います。

霊言というといやいやいやいやwwwとなる方も多いと思いますが、本編は小説なので、物語の流れを断ち切るようなものは一切登場しませんし、小説として素直に楽しめる作品になっています。

ではどういったところに霊言としての要素があるかというと、「項羽劉邦の天下をめぐる争いの天意はどこにあったのか」や、「この二人の英雄はどのような思いで戦っていたのか」といった部分になります。

 

そして、こちらは大川咲也加副理事長が監修を務めて下さっており、こちらの書籍で発刊点数が50冊になったとのことです。おめでとうございます。

記念すべき節目に携わることができ、とても光栄に思います。

 

 

最後にとても個人的なことですが、HS初めての児童書に関わることが出来てとても嬉しく思います。

私自身、何度か幸福の科学出版の書籍に関わらせていただいていますが、その中で「いつか児童書が出たらいいのになぁ」という気持ちをずっと持っていました。そして、出来るなら自分がイラストを描けたら嬉しいなーとも思っていました。

誰に言うでもなく、ずっと自分の心の中でそっと持っていた想いではありますが、このような形で叶い、ありがたく思います。

機会を与えてくださったすべてのみなさまと、作り上げてくれたすべてのみなさまに心から感謝申し上げます。

楽しく読める英雄譚になっていますので、年代問わず盛り上がれると思います。ぜひ本編の添え物として、イラストも含め楽しんでいただけたら幸いです。