おたくで幸福を科学できるのか。

信仰とおたくを心のままに綴り最終的にシンクロします

明日は何になる やがて君になる

f:id:mochigomefs:20181202025438p:plain

明日は何になる?12月になる。と歌っていたら12月になっていました。ごきげんよう

あまりネットに浮上できませんでしたが11月も生きていました!

BANANAFISHのアニメにはついにブランカが登場し、いよいよエンディングに向けてさまざまな運命が収束に向かっていますね。

毎週見るのが楽しみなことに変わりはないですが、やっぱり見ていてつらいシーンも多くなって…。終わりを知っているからこそ、ひとつひとつのシーンに「ああ…」となってしまいます。

しかし、漫画を読んでいなかったら毎週「どうなるの…」とそわそわしていたと思うので、あのタイミングで原作購入に踏み切った自分を誉めてあげたいと思います。

BANANAFISHは書きたいことがたくさんありすぎて、一周回って無になっています。

 

そしてそして。

タイトルでまるわかりですが「やがて君になる」にとてもハマっています。はじめはかわいいなぁと普通に見ていたのですが、燈子せんぱいのめんどくささが顔をのぞかせはじめてからあれよあれよという間にどはまりしてしまいました。困った人!

原作はまだ読めていませんが、「人を好きになる」ことを改めて考える素敵な作品ですね。個人的にはEDの「Hectopascal」もツボで、配信日になった瞬間いそいでストアに駆け込み購入しました。本多さんのキャッチーなメロディと寿さん、高田さんのかわいい声、中村さんの軽やかさの中にもどかしさや切なさが見え隠れする歌詞が素晴らしいですね…!2018年指折りヒット曲です。

久しぶりの更新なので何かイラストでもとおもい、書き途中のやが君絵をのせてみました。

色塗りがまだできていなかったので線画だけ載せようと思ったのですが、線画だけのせてもなぁと思いざざっと塗ってみました。が…もうこれでいいんじゃないか感があります…。

最近ではBLやGL作品がアニメ化されることも珍しくなくなってきましたが、BANANAFISHのように「同性でないと成り立たない友人関係」もあれば、「同性だからこそ強く相手に焦がれる恋愛」もあり、人と人がめぐり逢い、かかわっていくことの不思議と神秘を感じます。

素敵な作品がたくさんあることによって、そういったすべては「違う世界」の出来事ではなく、ふっと手をのばすだけでその世界に自分も触れることがあるんだろうなぁと思える。

たとえば、同性に恋をすることは特別なことではなくて、自分だってその可能性が全くないわけではないということに気づかされたり、それが異常なことでもなんでもなく、みんなと同じように「恋」だと認識できるというのは、これからの未来にも必要な考え方になるのかなぁと思ったりしました。

物語と言ってしまえばそれまでですが、物語のよいところはその考えを自分にもたらしてくれるところも大きいと思うので、最近この手の市場が活発なのもすべてが悪いことではないのかなと思います。

…なんてあいまいな文章なんだ!笑

隠すことでもないので素直に言うと、普通に腐女子だしBLもGLもNLも好きだし夢女なのでなんでも好きですが、人を好きになることを丁寧に描いている作品は何ラブだとか関係なく、素敵ですね。というお話でした。ちゃんちゃん。

 

そして…いいねで答えるSideM、自分で作ったイラスト制約が想像以上に重い…!笑